会計士に転職する方法|国家資格が武器になる

国際化の最前線で働く

メンズ

貿易のエキスパートになる

国際化の進展に伴って需要が増加している職種といえば、通訳や語学教師、観光ガイドなどが思い浮かびますが、貿易事務もその1つです。貿易事務とは、モノの輸出入に係る事務全般を担当する職種です。具体的な仕事内容は、契約文書の作成や通関手配、関税の納付などがあります。他にもスケジュール管理や保険手続きなど多岐にわたります。主な求人企業は、商社や通関業者、倉庫業者などです。商工会議所や貿易振興機関など、営利企業以外から求人が来ることもあります。直接雇用だけでなく、派遣会社に登録して求人に応じるという形でも仕事に就く機会があります。貿易事務に求められるスキルで最も重要なのが、英語力です。中心となるのは書類仕事なので英文読解能力は必須となりますが、電話等で直接コミュニケーションを取ることもあるため、会話力もそれなりに必要です。語学に自信のある人はその能力を十分に生かすことができるうえ、さらなる上達も望めます。その他、もちろん一般的な事務処理能力も大切ですが、貿易業界特有のビジネス慣習や関係法令に関する知識も必要です。そのため、貿易事務の求人は経験者が中心となっているのが実情です。ただ、英語力の高さや専門知識をアピールすることができれば、未経験者でも採用を勝ち取るチャンスがあります。貿易事務に関しては民間の検定資格があり、この資格の保有者は専門知識の持ち主として高い評判を得ています。求人応募に先立って取得を目指すというのもひとつの手です。