会計士に転職する方法|国家資格が武器になる

人材評価のポイント

男性

豊富な知識と経験が必要

会計士として働くためには国家資格を取得しなければなりません。非常に難易度の高い試験となっているため、1回の受験では合格できない可能性があります。継続して勉強量をこなす必要があることから、時間的な余裕は多い方が有利となります。会計士に合格した場合は監査を行う法人に所属し、企業の経営状況をチェックするのが仕事です。一方で一般企業に勤務する場合は会計の責任者や経営戦略の立案といった仕事を担当します。会計士という資格を活かして働くことができれば平均以上の年収を狙うことができますし、独立という選択肢も残されています。会計士として働いた後に転職を行う場合、企業が人材の評価をするポイントは豊富な知識と経験があるかどうかです。たとえば、企業の監査を行う仕事を担当する法人に所属していたのであれば、どのような経営状況にあることが理想的なのかが業務を通してしっかりと理解できています。会計士として経験が豊富なほど企業を正しく見る目があるため、転職する際に知識と経験が評価されることになります。会計士として転職する場合は、転職サイトに登録することをおすすめします。求人情報誌を見て仕事を探す方法もありますが、転職サイトに登録をした方が良い条件の求人を効率的に探せます。なぜなら、転職サイトに登録をしておくと企業の人事担当者からメールをもらえる場合があるからです。企業の方からアプローチをしてもらっているので、自分から求人へ応募するよりも採用されやすいメリットがあります。

婦人

結婚してからの働き方

主婦向けの15時までに帰宅できる短時間のパートはたくさんあります。主力要因等よりは、忙しい時間に手伝ってもらうサポート要員という見方が強いので、子供が病気になった時なども、休めるように配慮してもらえるでしょう。双方にメリットを感じられる求人を探しましょう。

オペレーター

快適な環境でしっかり稼ぐ

派遣としてコールセンターで働くことは、メリットがとても多いです。自給の高さ、希望の時間で働けるので融通が利きます。また、服装も自由だし、しっかりした研修制度があるので、初心者にも取り組みやすく、業務も慣れれば社会性が身に付きます。マルチに頑張る主婦に向いているお仕事です。